耐震と免震


  地震が起きた後の防災グッズの確保や、地震が起きる
  前の地震対策は他にも色々ありますが、それ以前に、
  究極の地震対策として考えられるのが地震に強い家
  に住む≠ニいう方法があります。

  もし仮にあなたが、これから家を建てたりする機会が
  あるとすれば、この世界指折りの地震発生地域である
  日本で家を建てる場合、住宅の地震対策は必ず考えな
  ければなりません。

  地震に強い家という事を考えるときよく言われるのが
  耐震と免震≠ナす。両方とも住宅の構造の事ですが、
  地震に対してどう対処するかという設計思想の違いが
  あります。耐震構造の家というのは、木造であれば
  太い柱を使い、筋交いなどの補強を施し、鉄筋コンク
  リートであれば、コンクリートを肉厚にして、中の鉄筋
  も太いものを何本も使うといった地震の力に耐える
  構造をした家です。

  確かにそうした堅固な作りの家自体は大抵の地震に耐
  えるでしょうが、地震の揺れは、もろに伝わり、中に
  住んでいる人は家具の転倒の危機に晒される可能性が
  高くなります。

  それに対して免震構造の家というのは、家の基礎部分
  に積層ゴムなど地震の揺れを吸収する構造材を使用した家
  の事で、極端な言い方をすれば家全体を前項で紹介した
  耐震マット≠敷いたような状態にして作った家のこと
  です。この免震構造は、地震の揺れそのものを吸収します
  ので、家自体は地震の揺れを免れる≠けです。

  ただ、この免震構造も地震の揺れを吸収する積層ゴム
  などの構造材の耐久性に限界があり(まぁ、数年で
  ダメになるほどひどくはないが、100年も保つもので
  もない)、その交換など建てたあとのメンテナンス
  に費用がかかるなどの欠点があります。


  本サイト人気コンテンツ

  ★ 警報システムとは?
  ★ 地震発生のメカニズム
  ★ 家庭でできる対策
  ★ 耐震と免震
  ★ 制震構造


Copyright © 2007 地震対策ガイド All rights reserved.
by 地震対策ガイド